メンズ脱毛にも種類があります

案内人

メンズ脱毛法には色々な種類があります。いくつか知ってるだけでクリームだったり機械式で脱毛する方法がありますが他にも色々ご紹介です。メンズ脱毛法ではエステで行うと大きくわけて2種類あります。ニードル脱毛とフラッシュ脱毛です。どちらもあまり聞いたことがないような脱毛法ですね。ニードル脱毛ではムダ毛が生えている毛穴を一つ一つに特殊な針を差し込んで高周波などで電流を流して毛根を破壊する技法になっています。つまり根元から焼殺するという感じですかね。なんだか痛そうな気もしますが。以前は痛かったみたいですが今は科学の進歩によってあまり痛みを伴わないことで有名です。もう一つのメンズ脱毛法はフラッシュ脱毛といって特殊な光を脱毛したい部分に照射してムダ毛の黒色と肌色の色の差を機会に認識させます。それによってムダ毛のみにダメージを与えるやり方なので先ほどのニードル脱毛とは違って肌にダメージを与えないやり方になっています。ちなみにニードル脱毛と比べると痛みが少ないことが特徴で男性の初心者の方でもフラッシュ脱毛から入る人が多いようです。どちらも多少の傷みはあるものの当然あってないような感じの痛みですので気軽に。ちなみに照射時の痛みというのは輪ゴムではじかれたような痛み程度なのでそんなに痛くはないですね。最近では2種類のメンズ脱毛法があって気軽にできますね。科学的進歩といっていいのでしょうか、男性も脱毛を気にする時代がやってきたみたいです。

若い人向けの脱毛エステ

案内人

学生という職業を特権にしてメンズ脱毛にいってみませんか。実際学生というのはどこにいっても学割があって色々お買い得になっています。そういった中で今回は若い人向けのメンズ脱毛をご紹介していきます。まだ若いから大丈夫だよといってる人はあまりファッションに興味がないんでしょうか。かっこよくなって今より艶のある自分に目を向けてみてはどうでしょうか。学生の頃というのは特に洋服にも気を使ってくる年頃ですし、お肌もお金がないから自分で脱毛クリームを買ってきて脱毛しちゃおうとか思ったことあると思います。でもすぐにまたつるつるの肌からチクチク生えてきちゃってめんどうだなって思うことありますよね。たぶんですけどメンズエステに行くことにも抵抗あり、めんどうなんでしょう。学割を使うと最大半額にもなりますしだいぶお得です。今ではWEBで予約をすることできますのでお電話いらずです。ちなみに学生さんの間で人気なのがメンズ脱毛ダンディハウスです。ダンディハウスでは当日行ってみるとやはり混んでるのかなとか思うかもしれませんが実は全然混んでなくてびっくりします。予約をしている方ばかりだからこそ空いているようにみえて入りやすいのが特徴ですね。このエステは店員さんもアットホームな方ばかりなので話やすいです。といったように若い人には若い人ようのエステなりの心がけがあります。まずは行きやすいように思い切ってWEBで応募してみましょう。それは好きな子にメールを送ることと同じぐらい大切なことです。勢いでなんでもできる学生のうちだけですよ。

脱毛クリームのデメリット

案内人

みなさん脱毛クリームは使ったことありますか。一般的にクリームはお肌に直に塗って時間が経過したあとこするとポロポロと毛が取れるという感じになっていますよね。薬局に売っていて値段もなかなかリーズナブルとなっているので女性だったらもしかしたらほとんどの人が購入されているんじゃないでしょうか。でも肌を気にする男性にとって脱毛クリームは実はデメリットばかりなんです。目の前のことばかり気にしていてお肌のことを気にしないということでしょうか。脱毛クリームというのは科学的にムダ毛を溶かすもので人によっては劇薬と呼ばれていることがあります。デメリットの多くは化学薬品を使ったものが多くて肌荒れすること、脱毛効果としては効果が薄い、アレルギーがある人には使えないという点があります。特に見るからにお肌が弱い人は絶対に使用しないでください。アトピー肌の人やすぐに日焼けなどをするひとも使用しないほうが賢明です。いざそういった人が使ってみると肌が赤く腫れたりかゆみが止まらなくなってきてしまいます。そういったらお医者さんに相談することになるので高くついてしまいますよね。ただ逆の例もありまして脱毛クリームを使ったら永遠にはえてこなくなったという人も中にはいます。一般的に健康体であれば最も痛みがなく手軽に脱毛ができるのが脱毛クリームのいいところですね。この他にもデメリットというのは実は短期的に見れば手軽なんですが継続的に使うものなのでお金がすごいかかってしまうことです。だったら一度エステにいって永久脱毛をしたほうが安いのではないでしょうか。短期的に見るか長期的に見るか考えてみるといいかもしれませんが、実はお肌に優しいのはエステなのでクリームにはデメリットが少し多すぎるような気がします。